眉マスカラの使い方選手権



細いから良い!

て訳ではないから各社こんな差が出るんかなと思います。

何故か寝付けないので、写真だけとって書けてなかったこの記事が書ける笑

いつもは、寝かしつけで寝落ち祭りで昼寝も一緒に寝落ちしてるのですが、たまにこうして起きれる時がある😂

@左    キスミーのヘビーローテーション
@真ん中  &bの眉マスカラ
@右    デジャヴの眉マスカラ

です。

細ければいいと思ってましたが、撤回。

もうヘビーローテーションを使うことはないかもと思ってましたが、撤回します。

何故なら

眉マスカラを仕上げに使う

場合は、ブラシが太い方が良い場合もある!

あと、結構眉毛ちゃんとある人には太い眉マスカラの方が使いやすいこともあるやろうし。

anyway!!!

私は2歳と0歳抱えての朝の支度ゆえメイクをゆっくりしてる時間がまぁ無いので(基本ベースから仕上がりまで15分かからない。マスカラしなけりゃ7分🤣)

今まで当たり前に、

眉マスカラで眉毛の形のあたりをつけてから、パウダーペンシルで形整える

とゆーやり方のみで生きてきました。

ヘビーローテーションに30歳くらいで出会ってるので、そこからかれこれ5年は確実にこのスタイルで眉メイクを完結させてました。

が、しかし!!

美眉アドバイザー的な人の眉メイク動画をたまたま見て(キスミーの宣伝用のやつ)ハッとしたのが、

眉ペンシル→パウダーペンシル→眉マスカラ

の順番でメイクしてるのを見て

おおおおぉ!

てなりました。

(今更?と思った方は正しい笑、めちゃくちゃ今更やと思います笑)

でも、地味に私みたいに、今このブログを読んでハッとしてる人もいると思う笑

確かに眉マスカラから始めると、ミスった時にペンシルで、修正しようとするとマスカラがポロポロ取れたりして結局全部やり直さないと変ってなることがある。

最後はパウダーペンシル頼りなとこがあります。

ペンシル使うとぐちゃぐちゃになる可能性のがデカいので、

眉マスカラを最初から手に取る人は、得てしてそのあと眉パウダーに頼ってるはず。

しかし、

眉ペンシルと眉パウダーで細かい修正しながら眉の形を綺麗に整えて、

それを上から色味を均一にする

とゆー考え方ならこれはアリです。

ヘビーローテーションのアッシュカラーは、

濃い眉を薄く見せるのに長けているので、

整えた眉を最後仕上げに色味を明るく(薄く)するとゆー使い方もありだ。

眉毛にこだわり出したくせに眉毛が最近うまくかけてなくて、

その前にどんな眉に仕上げたいかが明確になってないのが問題で毎回微妙に納得しない仕上がりになってるわ最近。

何事も、目標や着地決めないとダメですね

と、自分に言い聞かせて寝ます。

明日は眉マスカラを最後に使う手法で眉描いてみーる!!!



ほなほな

🧚🏼‍♀️石鹸はこちらから購入できます↓
『美活道石鹸 購入サイト』

発送までに3~5日ご容赦くださいとのこと。
よろしくお願いします。

✅スキンケアの見直しばかりでクレンジングと洗顔の見直しを殆どしてない

✅洗顔で肌の違いを感じたことがない

✅化粧水の入りが良くない

✅肌が柔らかく無く、
ターンオーバーの乱れを感じる

✅今より肌を綺麗にしたい!

そんな方向け😊

🧼石鹸に関するお問い合わせはコチラへお願いします→bikatsudo.sekken@gmail.com

🛍ravissaなどブログで紹介してるアイテムが気になる!方はコチラへお願いします。
→bikatsudo0621@gmail.com
関連記事
ページトップ